GEN通販ページ暫定版
最新号のお知らせ   バックナンバー  ご注文・お問い合わせ   弦短歌会ブログ

 バックナンバー
 各号 頒価 1,000円






トップページ・最新号

バックナンバー

●1〜10号

●11〜20号

21〜30号

●31号〜

ご注文・お問い合わせ

弦短歌会ブログ
0号 特集 万葉集 2010年冬

招待作品

谷川俊太郎 巷へ(詩)
岡井 隆  題詠・皇居(短歌)
角川春樹  獄中記(俳句)
佐佐木幸綱 万葉集の自然(エッセイ)
ひろさちや 輪廻の思想と『万葉集』(エッセイ)
篠田正浩  富山で大伴家持を想う。(エッセイ)
石井陽一  国守家持―越中万葉とそのその後(エッセイ)
小泉武夫  『万葉集』歌人・長意吉麻呂という鬼才(エッセイ)
河合 隆  憂愁の歌人・家持(エッセイ)

特別対談 
創作する重み
高山文彦×桐野夏生

連載エッセイ 
火気厳禁 東 直子 第8回 とどまる心、流れる時間


9号 特集 からだとエロス 2009年秋

特別寄稿

寛仁親王  からだ(エッセイ)

招待作品
岩田 正  生と死(短歌)
石川不二子 むかし(短歌)
阿木津英  幹(短歌)
大塚寅彦  虚空のエロス(短歌)
宇野亜喜良 ス抜きのエロス語り(エッセイ)
塚本史  全開の後宮(エッセイ)
三浦雄一郎 七十六歳、大腿骨骨盤骨折からの始まり(エッセイ)
加藤弘巳  身体性が生む病(エッセイ)
 
特別鼎談 
文学の境界線をめぐってージャンルの武器はどこに 
北村 薫×穂村 弘×蜂飼 耳

連載エッセイ
火気厳禁 東 直子 第7回 純文学と短歌


8号 集 絆 2009年夏

待作品

篠  弘  いろいろの春(短歌)
伊藤一彦  青空間(短歌)
稲葉京子  葩の雨(短歌)
河野裕子  小さな顔(短歌)
森村誠一  花の絆(エッセイ)
落合恵子  普段着の花たち(エッセイ)
冨士眞奈美 今生の絆(エッセイ)
天満敦子  だんな様との絆(エッセイ)

連載エッセイ 
火気厳禁 東 直子 第6回 眺める


7号 特集 死を想え 2009年春

招待作品
清水房雄  呟々抄(短歌)
宮 英子  こころぐし(短歌)
福島泰樹  巴里の旅籠屋から幼き母を憶う(短歌)
今野寿美  五万石(短歌)
西木正明  闇夜の航跡(エッセイ)
奥本大三郎 ファーブルと虫と死(エッセイ)
高山文彦  此岸と彼岸(エッセイ)
黒瀬珂瀾  優しく、残酷に死は(エッセイ)

連載エッセイ 
火気厳禁 東 直子 第5回 子どもの時間


6号 特集 言葉の魔法 2009年冬

招待作品

竹山 弘  生かされき(短歌)
尾崎佐永子 鎌倉初冬(短歌)
三枝ミ之  越中(短歌)
加藤治郎  花野(短歌)
小沢昭一  言葉について、ですか……。(エッセイ)
立松和平  言葉の偉大さ(エッセイ)
喜多條忠  言葉の魔法(エッセイ)
外塚 喬  小野興二郎―一生を歌にささげて(エッセイ)
高田良久  言葉の虚実―『緑の宝玉』に寄せて―(エッセイ)

特別対談 
文学は遊歩する 
岡井 隆×平出 隆

連載エッセイ
 
火気厳禁 東 直子 第四回 消滅と浮遊


5号 特集 山崎方代 2008年晩秋

招待作品
荒川洋治  度量衡(詩)
永田和宏  朽ち舟(短歌)
米川千嘉子 瀑布図(短歌)
小池 光  夏の日 (短歌)
ねじめ正一 方代さんていいな(エッセイ)
平尾隆弘  山崎方代 うたの秘密(エッセイ)
恩田英明  方代歌を貫くフォークロア(エッセイ) 
大下一真  山崎方代の人生とその短歌作品の読み方(エッセイ)

方代の一首鑑賞
 
黒田杏子 俵 万智 田中庸介 久泉迪雄 根岸p雄

連載エッセイ
 
火気厳禁 東 直子 第三回 夏の力の中のつれづれ




4号 特集 わが心の立山、黒部 2008年秋

招待作品
池内 紀  黒部川水源記(エッセイ)
岡部桂一郎 水木の森(短歌)
森岡 貞香 日常の歌(短歌)
栗木 京子 藤棚の下(短歌)
高島 裕  山麓の光(短歌)
来嶋靖生  現代短歌と山(エッセイ)
児玉 清  立山、あなたは素晴らしい(エッセイ)
森下 恭  レンズを通して立山・黒部を視る(写真・文)
角川源義  『ロダンの首』立山より(俳句)
太田道人  風を意識すると見えてくる(エッセイ)
高木繁雄  黒部渓谷との出会い(エッセイ)
佐伯和起  山小屋の親父(エッセイ)
福江 充  天璋院篤姫も鑑賞した立山曼陀羅(エッセイ)
濱谷一郎  わが心の立山(エッセイ)

連載エッセイ 
火気厳禁 東 直子 第二回 星の上に、生きる


3号 特集 言葉の宇宙 2008年夏

招待作品
佐佐木幸綱 梅が咲くころ(短歌)
荻原裕幸  はるのかたち(短歌)
角川春樹  火宅の人(俳句)
向井万起男 地球外知的生命体との交信(エッセイ)
宮崎寒雉  二〇三五年九月二日(エッセイ)
倉谷 寛  宇宙からの言葉(エッセイ)

特別鼎談
言葉の宇宙―時間と空間、言葉のレベルがシャッフルする
町田 康×日和聡子×斉藤斎藤

連載エッセイ 
火気厳禁 東 直子 第一回 このささやかな花園


2号 特集 言葉の海 2008年春

招待作品
馬場あき子 変若ち返らざれ(短歌)
中西 進  日本語の身体性(エッセイ)
小島ゆかり みかん(短歌)
大辻隆弘  「てにをは」という基底(エッセイ)
高田 宏  大槻文彦から三上章へ(エッセイ)
 
弦・朗読会報告 
「収容所から来た遺書」


創刊号 特集 言葉の森 2008年冬

巻頭言
 
「一念一植」 辺見じゅん

招待作品
森 澄雄  紫式部(俳句)
辻井 喬  穏やかな夢(詩)
梅沢直正  地方発の感性(エッセイ)
秋山 駿  二つの文言(エッセイ)
角川源義  雪(短歌)

未公開書簡 
「堀辰雄から角川源義への書簡」
 




GEN通販ページ暫定版